FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/15

岐阜県議会で石徹白のマイクロ水力に関して言及されました

10月1日、岐阜県議会の一般質問で、民主党の太田維久議員(NHK出身)から、
マイクロ水力発電に対しての取り組みに対して、どのような支援が考えられるか?
との質問がありました。

・岐阜県は豊かな水の資源が豊富で県としても持続可能なエネルギーとしての
可能性に期待をしている。

・県としても東濃用水事務所で送水管に1基設置し60KWの発電をしている。

現在、岐阜県の中山間である石徹白において、NPOや地域の方々が取り組
んでおられる。


・NPOや行政金融機関などが参加し、今年8月に設置された岐阜小水力利用
推進協議会設立準備会に岐阜県も参加している。そこでは、環境省の委託を
受け、発電所建設に向けての技術的な検討や資金調達のスキームを検討
している。

・岐阜県としても、来年4月に設立予定の岐阜小水力利用推進協議会を通して、
実施希望の市町村の支援等を考えている。

・また、岐阜県内での事業実施に際し障害となる、各種の法律等への改正等に
向け、国等に対し積極的に要望や働きかけをしていくつもりだ。


ということです。
エネルギー問題、環境問題が叫ばれる昨今、こうした事業がフォーカスされるのは
当然と考えていますが、これほどまで明確に県議会で触れられるとは
嬉しいばかりです。

現実的に、地域のためになる小水力発電設置へ向けて尽力を続けます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。