--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/29

螺旋型設置現場 土木工事

当事業での螺旋型の設置については、他の2機と異なる
現場となる。螺旋型は農業用水にそのままはめ込む
ことのできるものなので、比較的直線で水量の変化が
あまりない箇所に設置をする。

今回設置する場所は、実験ということもあり、
既存の水路から水流を迂回させ、新たに水路をつくり
そこに導入するという予定だ。

そうすれば、水量調節ができ、どのくらいの量のとき
どのくらいの発電量を得ることができるのか、という
実験をすることができる。

写真は土木工事が終了し、コンクリートを乾かしている
現場のもの。

rasen setting point


水は迂回させ、元の水路に戻すので、減少することもなく
地元の方にも理解を得ることができた。

導入は2008年1月以降、螺旋型が完成してからの予定である。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。