--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/17

螺旋型製作 進捗状況

rasenn kumitate
螺旋型発電(写真:篠田製作所提供)

螺旋型発電機の製作が着々と進んでいます。
先日製作完了した螺旋水車を
固定するためのカバーを装着し、
さらにさび止めの塗料を塗り完成に向かっています。

これからもう一度分解して、最終的な塗装をし、
再度組み立て、完成という予定です。

発電はDENSOのオルタネーターで行います。
中古で適当なものを石徹白で発電関係に
詳しい方に選んでいただき購入。
24ボルトもので、だいだい3万円程度。
低回転(とはいえ車用なので1700-1800回転)の
ものを利用することにしました。

予定としては、500-600Wの発電となりますが、
まだまだこれから実験開始なため、
発電量も発電効率も不明です。

来週21日までには完成し
設置、そして実験開始をします。


設置場所はすでに一通り土木工事が終了し
設置するだけになっています。

今回は実験ということで、そのまま用水路に
設置するのではなくて、水路を迂回するかたちで
用水路のすぐ隣に新しく水路をつくりました。

様々な状況下でデータ収集ができるように
水量調整も可能という好条件のもと
設置をすることができます。

戦前に普及していた螺旋型のような存在に
なれるかどうか・・・。

設置後の状況も逐一ご報告します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小型水力発電機にとっても興味があり、アフリカ農村地での活動に生かせたい。
ぜひ、施設を訪問させてください。

「NPO アフリカむらおこし運動」代表

「NPO アフリカむらおこし運動」代表さま、お問い合わせありがとうございます!ぜひお越しいただければと思います。私信にてご連絡させていただきますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。