--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/20

地域再生の試み2 ~まずはエネルギーの自給から~

~マイクロ水力発電の導入~

近日、急激な石油価格の高騰から、北海道などの寒冷地では
電気代が例年の何倍もかかって生活費がひっ迫している・・・というような話をよく聞きます。

いつかは枯渇してしまう資源(石油やウランなど)に頼りきっていること、
さらにそれらは国内では採掘できないためエネルギーを求めれば求めるほど、
地域内のお金が流出していくという仕組みになっているのです。

現在、「再生可能エネルギー」として太陽光発電や風力発電、
小水力発電が注目を集めています。これらの特長は、自然の恵みを受けて
繰り返し発電できるということ、また、巨大なダムや発電所のように設置建設時に
自然環境を傷つけないもので、“新エネルギー”と呼ばれています。

わたしたちは、岐阜県は日本全国を見渡しても豊かな水流を持つという
地域特性を加味して、新エネルギーの中でも小水力発電(=マイクロ水力発電)によって
エネルギーの自給ができないか考えていくことにしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。