--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/21

設置機種の選定について

どのような発電機を購入するか 
 現在、マイクロ水力発電は、風力発電や太陽光発電、地熱発電などと同様、自然エネルギーまたは再生可能エネルギーの一つとして国内外で注目を浴びている。国内で海外のメーカーの発電機を取り扱う代理店が幾つかある上、インターネットで海外から直接購入することもできるため、すでにいくつもの導入事例がある。
 わたしたちは、これらの多々ある発電機の中でも、もっとも構造が単純で、かつ発電量・効率に見合った価格で採算がとれる見込みのあるものを導入したいと考えた。その結果、国内外でも導入事例があり、広く普及しているものが導入候補となった。
 さらに、1種類の発電機ではなく何種類かを同時に取り付けることで、どのような発電機がどのような土地に適しているのかを調べ、石徹白に留まらず他地域にて導入を検討している地域の参考事例となることを考えていた。

どこから発電機を購入するか
 どのような発電機を採用するか、ということに加えて、発電機選定に重要な要因となるのは、どこから発電機を購入するか、ということである。なぜなら、発電機に不具合が生じたときや、消耗部品を取り換えるときに、適切な対応が期待できるところからではないと、発電機を継続的に維持管理することができないからである。
 わたしたちは、より安価に購入することを考え、まずは直接海外のメーカーから取り寄せられないかとe-mailや電話などで問い合わせたが、距離が遠く迅速な対応が見込めないことや言語的問題があると認識し、国内で海外メーカーの発電機を扱っている代理店を検索した。その中でも、マイクロ水力発電の国内での普及に情熱を傾けられ、非常にきめ細かな対応をしてくださった株式会社イズミから、発電機を購入することにした。
 
<発電機選定のファクター>
構造が単純で修理が容易かどうか
発電量・効率に見合った価格で採算がとれるものかどうか
購入後も対応可能なメーカーもしくは代理店かどうか
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。