--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/07

石徹白のマイクロ水力発電が取り上げられた全国ニュースの動画リンク

おかげさまで、最近、多くのメディアに取り上げられています。
中部圏のテレビ局には、以前からも、何度も取り上げていただきましたが、
最近、全国放送でも報道されることが多くなりました。

これまで、全国放送で取り上げられたのは、下記の4回です。
リンク先で動画が見れますので、ぜひご覧ください!


1)2008年12月29日 放送
NHK総合テレビ「SAVE THE FUTURE
想いをつなぐ融資~ap bankが支える環境市民活動~」
(動画なし)


2)2011年7月1日 放送
NHK総合テレビ「首都圏スペシャル」
「高めよう!“市民電気力”(3) ~めざせ!電気の地産地消~」
こちらから動画が見れます。
当初は首都圏だけの放送でしたが、再放送で全国に流れました。


3)2011年11月14日 放送
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
特集「電力の地産地消に“小水力”」
こちらから動画が見れます。


4)2011年12月7日 放送
フジテレビ「ニュースジャパン」
こちら または こちらから動画が見れます。



<補足>小水力発電のコストについて

昨日のニュースジャパンの報道で、石徹白の小水力発電のコストについての言及があります。
石徹白で取り組んでいるらせん水車、上掛け水車で、
それなりのコストがかかっているというのは、事実ではありますが、
ゆえに、「小水力発電は費用対効果が課題」と言われてしまうことについては、
本意ではないため、反論させていただきたいと思います。
(おそらく、当方の説明不足がゆえ、このような取り上げられ方になったのかと思います)

まず、小水力発電と一言で言っても、その規模は、いろいろな種類があります。
仮に、下記のように三種類に分類してみましょう。
A)外灯をつける程度の数Wのピコピカ
B)家1軒~公共施設の電気をまかなう数百W~数kW規模のもの
C)本格的に売電事業として取り組む、数十~1000kWの規模のもの
この中で、採算に乗るのは、C)の規模のものです。
A)・B)については、採算性よりは、「環境教育」「普及啓発」「地域活性化」といった
副次的な効果を期待しています。
ですので、B)がコストが合わないからといって、「小水力発電は費用対効果が課題」
と言ってしまうのは、必ずしも適切な表現とは言えないと思います。

※ちなみに、家庭用の太陽光発電も、買い取り価格が高く、かつ、補助がつかないと、
 ペイしないと思いますが、それでも、導入する方は多くいらっしゃいます。
 B)の採算性が悪いというのは、それと同程度 ということである とお考えください。
※なお、小水力発電は、地点によりコストが変わります。土木工事が安くできる場所、
 水利権の障壁が低いところのほうが、コストは低くなりますので、
 安くできる場所でやるということが重要です。



石徹白の取り組みの場合、A)B)については、すでに実施しています。
しかし、これがゴールではありません。
C)のような発電所をつくり、実質的に集落の電気の自給率を100%以上に
することを目指しています。


A)B)に取り組んでいる目的としては、
・小水力発電を導入することにより、地域の活性化/自治の強化につなげる
・小規模な小水力を導入することで、小水力の意義を地域の皆さんに理解してもらい、
 C)へ進むための合意を得る
ということが主目的です。

前者については、それなりの成果があがってきています。
・小水力発電をやっていることによって、さまざまなメディアに取り上げられ、
 多くの人たちに、「石徹白」という地区を知ってもらうきっかけになっています。
・また、北は北海道、西は岡山など、全国から多くの方が、見学にいらっしゃいます。
・この見学の方々に、地元の女性グループ「くくりひめ」によるランチや、
 加工所でつくったとうもろこしのパウダーをつかった特産品などを、
 お買い上げいただいており、地域にわずかながら、お金が落ちるようになりました。
・また、上掛け水車を設置したことがきっかけになり、それまで休眠していた
 農産物加工所が、この夏から稼働するようになりました。
・そして、小水力発電がきっかけで、移住者も増えました。今年は4世帯9人が移住しました。
 そのうちの2世帯5人は、小水力発電がきっかけです。
・外から注目されるようになり、地域の人たちの、地域づくりに対する気運も上がって来ています。
※このあたりの話は、季刊地域という雑誌に、書かせていただきました。
http://kikanchiiki.net/contents/?p=1003


後者については、今年度から、岐阜県が、石徹白の農業用水を使った
数十kWの発電所の基礎調査・基本設計をはじめました。
順調にいけば、2~3年後には、C)のタイプの発電所が建設される見込みです。

そんなわけで、石徹白のマイクロ水力発電事業は、まだまだ道半ばです。
引き続き、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。