2007/10/30

財団法人地球産業文化研究所

石徹白マイクロ水力発電実験事業は、
財団法人地球産業文化研究所による、
平成19年度の愛・地球博成果継承発展助成事業として
実施しています。
※事業期間は2007.10-2008.3まで

愛・地球博の成果を継承、発展させる事業として、
テーマとして掲げられてた「自然の叡智」を深化させる
ものとして選出されました。
スポンサーサイト
2007/10/30

岐阜県郡上市白鳥町石徹白にて「ぎふNPOセンター」と「やすらぎの里いとしろ」が初めての協働プロジェクトを開始

2007年10月31日
報道関係者各位

岐阜県郡上市白鳥町石徹白にて「ぎふNPOセンター」と
「やすらぎの里いとしろ」が初めての協働プロジェクトを開始

~小水力発電を利用した地域におけるエネルギー自給を目指して~

 特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター(岐阜市薮田南5-14-12 シンクタンク庁舎3F 代表 和田信明 ※1)と特定非営利活動法人 やすらぎの里いとしろ(岐阜県郡上市白鳥町石徹白7-64-1 ※2)は、「平成19年度 愛・地球博成果継承発展助成事業(※3)」の一環として10月1日から翌年3月31日まで岐阜県郡上市白鳥町石徹白(いとしろ)にて、自然資源を利用して電力の自給を試みる実験事業を協働で行います。

 これは、ぎふNPOセンターが掲げる2本の事業柱のうち「NPOの活動環境の整備」のなかでも「地域社会のデザイン提案」として行うものです。ぎふNPOセンターは、これまで岐阜県内の各地域にて積極的に“提言”を行ってきましたが、実際に地域で活動する団体との協働のもと“実践”に取り組むのは初めての試みです。

 また、やすらぎの里いとしろは、住民数約340名の中、65歳以上が44%、小学生は9名(2007年4月当時)と過疎高齢化が進む石徹白地域で、持続可能な地域づくりを進めている石徹白地域唯一のNPO法人です。

 当事業の目的は、自然資源を生かして地域内のエネルギー自給を高めることで、自立した持続可能な小地域のモデルを構築することです。本事業では、近年問題視されている石油などをはじめとする枯渇性資源に依存したわたしたちの生活様式を、地域に眠る地域特有の自然資源を適切に利用することによって、自然環境と共存し持続的な生活へ転換するための実証実験を実施します。年間通じて豊富な水資源を利用し、小規模な水力発電(以下、マイクロ水力発電)を行います。地域全体の自立を目指し、今回のエネルギー事業に加え、食、公共サービスの地域内での自給などに関わる事業を将来的に進めていく予定であり、本事業はその一部です。

 設置するマイクロ水力発電機は以下の3種類を予定しています。なお、螺旋型発電機については、富山県立大学や名古屋大学とともに開発を進めているものを使用しますが、これは世界の中でも実用化しているのは現在、ドイツのRits-ATRO社以外にはなく、今回の導入は世界的にも重要な設置実験になると考えられます。
 日程としては、12月初旬に、それぞれの機種にふさわしい3地点に発電機を設置。その後、発電できる電力量の調査、分析を行います。それと同時に、地域における電力消費量や水量を住民の協力を得て調査することで、どのくらいの電力量をマイクロ水力発電によって賄うことができるか、という地域全体のエネルギー自給可能性を算出します。

 ぎふNPOセンターは本事業においても、持続可能な地域の構築のために様々な組織・団体と協力、連携していきます。


※1 特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター
2000年設立、2003年7月に特定非営利活動法人となる。事業の柱、具体的活動内容は以下の通り。代表は和田信明。
(1)NPOの活動環境の整備
I NPOの社会的認知と信頼獲得
II NPOと行政・企業の協働
III 地域社会のデザイン提案
(2)NPOの活動を後方から支援
I 相談・研修/2006年度より岐阜県県民ふれあい会館2階のNPOプラザ事業を受託
II 市民事業起こし
III 運営派遣(ヒト・モノ・カネ)提供の情報提供
HP:http://www.gifu.npo-jp.net/

※2 特定非営利活動法人 やすらぎの里いとしろ
石徹白地域に生活する人々と自然とやすらぎを求めて訪れる人々を対象に、地域の歴史と文化を後世に伝承する活動と人々が共生出来るまちづくりに寄与する事を目的に活動している。会員数70名(2007年現在)、理事長は石徹白勉。HP:http://www.itoshiro.net/

※3 平成19年度 愛・地球博成果継承発展助成事業
「自然の叡智」をテーマに開催された2005年日本国際博覧会(愛・地球博)の基本理念を継承発展させるために、財団法人地球産業文化研究所が2007年10月から2008年3月の間に実施する事業に関して公募をし、助成を行う事業。(http://www.gispri.or.jp/expo/grant.html参照)

<参考資料>
<導入予定のマイクロ水力発電3種類>
螺旋型
・既存の農業用水を利用し設置が可能
・水量の調節が不要
・メンテナンスが容易
・他型に比べ、設置・製作コストが安価
・戦前は、富山県に約1万機取り付けられ、実働していた実績がある(当時は発電機としてではなく、動力源としての実用が中心的であった。

縦軸型
・開発途上国の未電化地域に取り付けられている事例がすでにあり、設置・稼動が容易
・技術的に完成されているため、安定したエネルギー供給が可能
・機材がハリス式に比べ安価である

ターゴ型(落差利用)
・水量より落差を重視する。落差があるところでは安定した発電がかのうであるため、日本の中山間地に適している
・機械が小さく、設置・稼働も容易
・国内の代理店で消耗部品の交換や、不具合への対応が可能
2007/10/29

特定非営利活動法人 ぎふNPOセンターとは

今回の石徹白におけるマイクロ水力発電実験調査事業の主体である
特定非営利活動法人ぎふNPOセンター(以下 ぎふNPOセンター)は、
「地域社会の住民が地域の課題を自ら解決し、地域を超えたより広い社会へ
積極的に貢献する真の住民主体の社会を実現するために、NPOをふくむ
住民の自発的活動を支援し、促進することをめざし」設立されました。

主な活動項目は以下の通りです。

(1)NPOの活動環境の整備
I NPOの社会的認知と信頼獲得
II NPOと行政・企業の協働
III 地域社会のデザイン提案

(2)NPOの活動を後方から支援
I 相談・研修/2006年度より岐阜県県民ふれあい会館2階のNPOプラザ事業を受託
II 市民事業起こし
III 運営派遣(ヒト・モノ・カネ)提供の情報提供

今回は上記の活動内容の中でも
(1)IIIの地域社会のデザイン提案として行っています。

詳しくは、ぎふNPOセンターホームページをご参照ください。
2007/10/25

特定非営利活動法人 やすらぎの里いとしろ

当事業に欠かせない存在、それは石徹白地域で
地域づくりに奔走されているNPO法人やすらぎの里いとしろだ。

ysuragi.jpg
やすらぎの里いとしろの皆さんとの初ミーティングの様子

彼らがいなかったら、この事業を進めることが
できなかったといっても過言ではない。

マイクロ水力発電の実験地域として最適な
この石徹白の土地で、地元の方々とぎふNPOセンターを
つなげ、事業を進める全面的なバックアップを
してくださっている。
役員や会員の方にはいつもお世話になりっぱなしだ。

石徹白の将来に関して真剣に考えている方が
いらっしゃり、一歩ずつ独自の活動につなげていらっしゃるので、
わたしたちも何かお手伝いができないかと、常日頃思っている。

現代的な資本があまり入り込んでいない、日本の中でも
とても貴重なこの地域において、NPOを立ち上げて、
集落で団結をして地域を何とかしていこう、と思われる方が
いらっしゃるのは、大変先進的なことだ。
石徹白が大きな可能性を秘めているということとイコールであろう。

tsutomu.jpg
やすらぎの里いとしろの理事長に話しを伺う

彼らが行っている取り組みとは、
・地域内で朝市を行う(夏場)
・キャンプ場の復興と利用
・石徹白の歴史を学ぶ勉強会の開催 
等である。


これから、こうした地域で育まれてきた生活の知恵が
急速に求められるようになってくるだろう。
それは、癒しや田舎回帰というトレンドの中ではなく、
実生活に応用できる連綿と続いてきた知恵である。

こうしたものが残されている地域は、もはや非常に希で、
求めても手に入らないことが多いが、石徹白には
それらが残っていると感じている。

自らの手を使って、地に足をつけて生きていける人が
そこにはまだ住んでいるのだ。
2007/10/20

事業スケジュール

以下のようなスケジュールで10月から3月まで実施します。

2007年
8月    石徹白の「地域再生」について、現地の人々との話し合いを通じて考え方を共有
10月    事業をスタート
       愛・地球博成果継承発展事業より助成を受ける
10月半ば 石徹白自治会のリーダーへ説明会を実施
       購入する発電機の選定
       石徹白内の水路の調査
       他地域でのマイクロ水力発電機導入事例の見学
10月後半 資金調達のため、コミュニティユースバンクmomoに融資の申請を行う
11月初旬 石徹白の用水委員会より設置の許可をもらう
       設置場所の決定
11月半ば 縦軸型発電機が到着
11月後半 縦軸型発電機の取り付け作業
12月初旬 縦軸型発電機の取り付け完了
12月中旬 ターゴ型発電機が到着
12月後半 螺旋型発電機完成

2008年
1月中旬  ターゴ型設置
       螺旋型設置、3種類とも計測スタート
       消費電力量調査・電力賦存量調査実施
2月中旬  計測結果をもとに分析
3月初旬  報告書作成開始
3月中旬  報告書完成、4月からの事業に関して計画立案
2007/10/20

地域再生の試み4 ~事業の概要~

●事業の概要


・期間:2007年10月~ 
 ※2008年3月までは平成19年度 愛・地球博成果継承発展事業の一環として実施

・調査実験内容
1、発電機の設置→3つの発電機がどのくらいの電力を発電できるかを調査
2、地域の水量調査(=水資源による電力量の賦存量調査)
3、地域での消費電力調査→全家庭でどのくらいの電力を使っているかを調査

・設置する発電機
今回の事業では3種類の発電機を導入することにしました。
これは、石徹白の特徴をよく考慮したうえで、
世界にある様々な発電機の中から選んだものです。

①螺旋(らせん)型
 農業用水路を利用した設置が可能。高低差があまり必要なく、比較的平坦な
 土地でも設置できます。発電量は約750Wを予定しています
 開発:名古屋大学
 製作:篠田製作所

②縦軸型
 開発途上国の未電化地域に取り付けられている事例がすでにあり、
 安定したエネルギー供給が可能。発電量は500Wのものを採用します。
 (株式会社イズミより購入 Power Pal製)

③ターゴ型
 水量より落差を重視する。落差があるところでは安定した発電が
 可能であるため、日本の中山間地に適している。発電量は1000W用を使用します。
 (イズミ株式会社より購入 Power Pal製)
2007/10/20

平井久美子(ひらい・くみこ)

hirai.jpg
平井久美子(ひらい・くみこ)

岐阜市生まれ。
東京での学生生活ののち、地元岐阜へ。
自分の生まれ育った町への危機感から、
NPO法人G-netにてフリーペーパーORGANの編集、
コミュニティ・ユースバンクmomoの活動に参加。
以降、長良川流域持続可能研究会、ORGANで
自分の暮らす土地に根を生やすべく模索中。
2007/10/20

地域再生の試み3 ~石徹白にて発電機設置~

マイクロ水力発電機設置を石徹白で行います。


●石徹白ってどんなところ?

岐阜県の中でも福井県との県境に位置する山間の地域です。
日本の最古の山岳信仰のひとつ、白山信仰発祥の地で歴史・文化の深い地域です。

平安時代から鎌倉時代にかけての白山信仰が隆盛の時代には、
「上り千人、下り千人、宿に千人」と言われるほど、修験者の出入りで栄えた土地であり、
近世(明治)まで、神に仕える人が住む村として、どの藩にも属さず年貢免除、
名字帯刀が許された所です。昭和30年代までは210戸、1200人強の人々が
住んでいましたが、今では、117戸、329人、内65歳以上が145人(高齢化率44%)、
小学生が9人と過疎・少子高齢化が進んでいます。

とはいえ、白山をはじめとした山々が間近にそびえ、
水流も驚くほど豊かで自然資源にとても恵まれた美しい地域です。
石徹白を気に入って移住をする人もいるそうです。

●ぎふNPOセンターと石徹白地域の人との連携

ぎふNPOセンターのミッションの2本柱の一つに、「NPOの活動環境の整備」があります。
その中でも「地域社会のデザイン提案および政策提言」を行うことをひとつの目的としています。

わたしたちは、石徹白の地域再生をマイクロ水力発電から行っていくことを
「地域社会のデザイン提案」と位置づけ、現地で地域づくりの活動を進めている
NPO法人やすらぎの里いとしろや、地域の自治会の方々と連携のなか進めています。
2007/10/20

地域再生の試み2 ~まずはエネルギーの自給から~

~マイクロ水力発電の導入~

近日、急激な石油価格の高騰から、北海道などの寒冷地では
電気代が例年の何倍もかかって生活費がひっ迫している・・・というような話をよく聞きます。

いつかは枯渇してしまう資源(石油やウランなど)に頼りきっていること、
さらにそれらは国内では採掘できないためエネルギーを求めれば求めるほど、
地域内のお金が流出していくという仕組みになっているのです。

現在、「再生可能エネルギー」として太陽光発電や風力発電、
小水力発電が注目を集めています。これらの特長は、自然の恵みを受けて
繰り返し発電できるということ、また、巨大なダムや発電所のように設置建設時に
自然環境を傷つけないもので、“新エネルギー”と呼ばれています。

わたしたちは、岐阜県は日本全国を見渡しても豊かな水流を持つという
地域特性を加味して、新エネルギーの中でも小水力発電(=マイクロ水力発電)によって
エネルギーの自給ができないか考えていくことにしました。
2007/10/20

地域再生の試み1 ~「地域再生」の必要性~

近年、“地域おこし”や“まちづくり”、“地域ブランドの開発”など、
地域を元気にするための活動がよくみられるようになってきました。

これらは、地域の過疎高齢化、人口減少、地域経済の疲弊など、
地方が直面する問題を解決しようとするもので、
すべて「地域再生」の動きであるといえます。
 
わたしたちは、「地域再生」のために何が必要なのか考えてみました。
私たちが社会生活を営むために必要なもの。あげればきりがないかもしれませんが、
“毎日必ず必要とするもの”を考えてみるととてもシンプルな答えが出てきました。

それは、食料・エネルギー(電気やガス)・福祉サービス(福祉・教育・医療)の3つです。さ
らに踏み込んで考えてみると、これらを外部(海外や地域外)に依存することなく、
地域の中にある資源を使って自給することが、生活を持続させる鍵なのではないでしょうか。

これらの基盤を整えることはすなわち、『地域資源を使った持続可能な職場の創出』にも
つながり、持続して地域内で人が営みを続けていくことができるのです。

こうした思いをもとに、私たちぎふNPOセンターはミッションの一つである
「地域社会のデザイン提案」として、岐阜県でももっとも水資源が豊富であると
考えられる岐阜県郡上市白鳥町石徹白において、「水資源によるエネルギー自給」を
目指し、事業を開始しました。
2007/10/20

野村典博(のむら・のりひろ)

nomura-san
野村典博(のむら・のりひろ)

<プロフィール>
1956年 大垣市生まれ 愛知工業大学土木工学科卒
厳格な電気技術者の父と大陸出身(満州国)の母に育てられる。
幼少期は、「ちびまるこちゃん」、「三丁目の夕日」の世界で育つ。
同時に高度成長期の公害を経験。
大学卒業後、建設コンサルタントに入社 河川構造物、橋梁などの
公共インフラの設計に従事、’90年代後半より、公共事業における
合意形成のスキームづくりや事業評価手法の検討を手がける。
趣味のダイビングを通じ、太平洋島嶼国における海洋環境の変化を実感。
’00年5月に「森と水辺の技術研究会」の立ち上げに参加。
’04年NPO法人化に伴い理事長に就任、’05年に退社後、専業NPO活動家?
 
<現職など>
NPO法人 森と水辺の技術研究会 理事長 
地域再生機構 副理事長 
ぎふまちづくりセンター 運営委員 他

技術士(建設部門)
環境カウンセラー(市民部門)
岐阜工業高等専門学校環境都市工学科非常勤講師

<著書など>
『協働型まちづくりのすすめ』(共著 まつお出版 2004)
『太平洋島嶼国おける環境影響の現状』(寄稿 2004)
2007/10/20

水野馨生里(みずの・かおり)

mizuno2.jpg
水野馨生里(みずの・かおり)

<プロフィール>
1981年岐阜市生まれ。岐阜県立岐阜北高等学校卒業後、
慶応義塾大学総合政策学部(SFC)を経て広報代理店勤務。
その後、岐阜市にUターン。SFC在学中に、カンボジアにおいて
途絶えていたクメール織物復活プロジェクトを進めるクメール伝統織物研究所に出会い、
クメール織物の美しさに魅せられる。研究所の織り手への調査や
ライフヒストリーの聞き取りなどから、地域に根付く伝統が
社会的・文化的・経済的に絶大な影響力を持つことを実感。
この経験をもとに現在、NPOのプロジェクトスタッフとして働く傍ら、
社会問題解決の手法としてアートイベントの企画などを行っている。

<活動履歴等>
2004~  G-netTokyoにて活動を始める
      水うちわ復活プロジェクトにかかわる
2005   水うちわサロン@東京都谷中
2006   水うちわサロン@岐阜県岐阜市
2007.5  『水うちわをめぐる旅~長良川でつながる地域デザイン~』(新評論)を出版
2007   長良川的生活展「美濃和紙と書の展」
       岐阜市白木町の松喜邸にて開催
       東京国際フォーラム相田みつを美術館にて開催
2007/10/20

駒宮博男(こまみや・ひろお)

komamiya-san.jpg
駒宮博男(こまみや・ひろお)

<プロフィール>
1954年横浜生まれ。東京大学中退。
幼少よりゲーテルなど、数学基礎論について父に聞かされて育つ。
学生時代は年に120日以上山中で過ごし、登山の海外遠征は
10回以上を数える。
高山研究所を経て、(株)ヘルス・プログラミング設立。
仕事の傍ら、意味論、認識論について本格的に研究開始。
その後、NPO活動を開始。
現在、NPO法人地球の未来地域再生機構理事長、
ぎふNPOセンター理事長代行、地域の未来・志援センター副理事長ほか。
名城大学大学院経営学研究科客員教授。

<著作など>
『categorization(メタフィロソフィー)』(自費出版、1998)
『ぎふ発、地域からのカクメイ~持続可能社会構築のための地域自治に関する政策提言~』(NPO法人地球の未来、2003)
『地方住民から国土形成計画への提言』(道づくりフォーラム、2006)
『GHG Protocol 運用上の問題点と対策』(名城大学経済・経営学科、2006)
『地域をデザインする~フラードームの窓から見た持続可能な社会~』(新評論、2007)
2007/10/20

お問い合わせ先

水車の見学、岐阜での小水力発電に関するお問い合わせ先は、
NPO法人地域再生機構までお願いします。

TEL/Fax 058-295-1221
E-mail gifu.water@gmail.com


2007/10/20

事業概要

現在、ぎふNPOセンターが行っている事業は以下の通りです。

①NPO法人に関する講座の実施
②2005年度岐阜県NPO法人ガイドブック作成
③公益信託ぎふNPOはつらつファンド事務局
④厚生労働省委託緊急サポートネットワーク事業緊急子どもサポートぎふ
⑤NPO施策推進員派遣コーディネート
⑥市民活動のためのセンタースペース、備品及び機器等の解放
⑦岐阜県県民ふれあい会館2階 ぎふNPOプラザ運営
⑧マイクロ水力発電調査実験事業

詳しくはぎふNPOセンターホームページをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。