2012/12/09

小水力発電サミットのご案内

今日は、石徹白のマイクロ水力発電の取組みを、
報道ステーションサンデーで取り上げていただきました。
テレビ朝日のスタッフの皆さん、朝日新聞記者の菅沼さん、
大変お世話になりました。
ありがとうございました。


さて、来年2月16日・17日に、岐阜県中津川市・恵那市にて、
「全国小水力発電サミット」が行われます。
全国から小水力発電に関心のある人たちが集まります。
一昨年は山梨、昨年は富山で行われ、
今回で3回目のイベントになります。

今回のテーマは、「自然エネルギーと地域自治」です。
自然エネルギーの導入にとどまらず、
「自然エネルギーをいかに地域づくりに役立てていくか」という点について、
2日間にわたって議論を行います。

パネルディスカッションの中で、石徹白の取組みもご紹介させていただきます。


多くの皆様のご参加をお待ちしております。
よろしくお願いします!


↓↓↓ 以下、告知文です。転送歓迎です!↓↓↓
================================
第3回全国小水力発電サミット in 岐阜
2013年2月16日(土)・17日(日) 開催
参加者募集のお知らせ
申込締切:1月11日(金)必着
http://www.gifu-summit.jp/
================================

全国から小水力発電に関心のある方が集まる小水力発電サミット。
3回目の今年は、岐阜県中津川市・恵那市で開催されます。
今年のテーマは、
「清流とともに暮らす ―自然エネルギーによる地域自治を目指して―」
です。

参加をご希望される方は、2013年1月11日までに、
所定の申込用紙に必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

多くの方のご参加をお待ちしております!


【第3回全国小水力発電サミットin岐阜 概要】
・日時:平成25年2月16日(土)・17日(日) 2 日間
・会場:東美濃ふれあいセンター (岐阜県中津川市茄子川1683-797)
     恵那峡グランドホテル  (岐阜県恵那市大井町2709−77)
・参加費:1,000円(交通費、宿泊費、交流会参加費、昼食代などは別途)

◎2月16日(土) 東美濃ふれあいセンター
10:30~ 企業展・企業プレゼンテーション
13:00~ 開会式
13:30~ 第一部:基調講演「自然エネルギーと自治」
      澁澤寿一(NPO 法人樹木・環境ネットワーク協会理事長)
14:40~ パネルディスカッション「自然エネルギーと地域再生」
16:00~ 事例報告(株式会社アルプス発電 / 三峰川電力株式会社 /
岐阜県/ 中津川市/ 恵那市小水力利用推進協議会)
  この後、会場移動
19:00~ 交流会 恵那峡グランドホテル

◎2月17日(日) 恵那峡グランドホテル
9:00~ 分科会: 「地域エネルギー事業と自治体の新たな役割」
      「地域のための市民小水力発電事業」「小水力発電の導入技術」
      「小水力甲子園~大学生・高専生交流会~」
12:30~ 閉会式
14:00~ エクスカーション(別料金)
    「中津川市の小水力発電見学と馬籠散策」「恵那市の螺旋式ピコ
    水力発電装置と岐阜県東部広域水道事務所小水力発電見学」


【参加申込方法】
参加ご希望の方は、所定の申込用紙に必要事項を記入の上、
FAXまたは郵送にてお申し込みください。
申込用紙は、大会HP(http://www.gifu-summit.jp)よりダウンロードできます。
申込締切:平成25年1月11日(金)必着

▼▽▼▽▼お申込み先▼▽▼▽▼
株式会社JTB中部 岐阜支店
「第3回全国小水力サミットin岐阜」係  (担当:渡辺・大石)
郵送先: 〒500-8833 岐阜県岐阜市神田町9-27
FAX: 058-262-3641

=====================================
お問い合わせ先
第3回全国小水力発電サミット実行委員会 事務局
(担当 平野・榎本)
TEL:058-295-1230  MAIL:info@gifu-summit.jp
http://www.gifu-summit.jp/
=====================================
スポンサーサイト
2011/12/07

石徹白のマイクロ水力発電が取り上げられた全国ニュースの動画リンク

おかげさまで、最近、多くのメディアに取り上げられています。
中部圏のテレビ局には、以前からも、何度も取り上げていただきましたが、
最近、全国放送でも報道されることが多くなりました。

これまで、全国放送で取り上げられたのは、下記の4回です。
リンク先で動画が見れますので、ぜひご覧ください!


1)2008年12月29日 放送
NHK総合テレビ「SAVE THE FUTURE
想いをつなぐ融資~ap bankが支える環境市民活動~」
(動画なし)


2)2011年7月1日 放送
NHK総合テレビ「首都圏スペシャル」
「高めよう!“市民電気力”(3) ~めざせ!電気の地産地消~」
こちらから動画が見れます。
当初は首都圏だけの放送でしたが、再放送で全国に流れました。


3)2011年11月14日 放送
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
特集「電力の地産地消に“小水力”」
こちらから動画が見れます。


4)2011年12月7日 放送
フジテレビ「ニュースジャパン」
こちら または こちらから動画が見れます。



<補足>小水力発電のコストについて

昨日のニュースジャパンの報道で、石徹白の小水力発電のコストについての言及があります。
石徹白で取り組んでいるらせん水車、上掛け水車で、
それなりのコストがかかっているというのは、事実ではありますが、
ゆえに、「小水力発電は費用対効果が課題」と言われてしまうことについては、
本意ではないため、反論させていただきたいと思います。
(おそらく、当方の説明不足がゆえ、このような取り上げられ方になったのかと思います)

まず、小水力発電と一言で言っても、その規模は、いろいろな種類があります。
仮に、下記のように三種類に分類してみましょう。
A)外灯をつける程度の数Wのピコピカ
B)家1軒~公共施設の電気をまかなう数百W~数kW規模のもの
C)本格的に売電事業として取り組む、数十~1000kWの規模のもの
この中で、採算に乗るのは、C)の規模のものです。
A)・B)については、採算性よりは、「環境教育」「普及啓発」「地域活性化」といった
副次的な効果を期待しています。
ですので、B)がコストが合わないからといって、「小水力発電は費用対効果が課題」
と言ってしまうのは、必ずしも適切な表現とは言えないと思います。

※ちなみに、家庭用の太陽光発電も、買い取り価格が高く、かつ、補助がつかないと、
 ペイしないと思いますが、それでも、導入する方は多くいらっしゃいます。
 B)の採算性が悪いというのは、それと同程度 ということである とお考えください。
※なお、小水力発電は、地点によりコストが変わります。土木工事が安くできる場所、
 水利権の障壁が低いところのほうが、コストは低くなりますので、
 安くできる場所でやるということが重要です。



石徹白の取り組みの場合、A)B)については、すでに実施しています。
しかし、これがゴールではありません。
C)のような発電所をつくり、実質的に集落の電気の自給率を100%以上に
することを目指しています。


A)B)に取り組んでいる目的としては、
・小水力発電を導入することにより、地域の活性化/自治の強化につなげる
・小規模な小水力を導入することで、小水力の意義を地域の皆さんに理解してもらい、
 C)へ進むための合意を得る
ということが主目的です。

前者については、それなりの成果があがってきています。
・小水力発電をやっていることによって、さまざまなメディアに取り上げられ、
 多くの人たちに、「石徹白」という地区を知ってもらうきっかけになっています。
・また、北は北海道、西は岡山など、全国から多くの方が、見学にいらっしゃいます。
・この見学の方々に、地元の女性グループ「くくりひめ」によるランチや、
 加工所でつくったとうもろこしのパウダーをつかった特産品などを、
 お買い上げいただいており、地域にわずかながら、お金が落ちるようになりました。
・また、上掛け水車を設置したことがきっかけになり、それまで休眠していた
 農産物加工所が、この夏から稼働するようになりました。
・そして、小水力発電がきっかけで、移住者も増えました。今年は4世帯9人が移住しました。
 そのうちの2世帯5人は、小水力発電がきっかけです。
・外から注目されるようになり、地域の人たちの、地域づくりに対する気運も上がって来ています。
※このあたりの話は、季刊地域という雑誌に、書かせていただきました。
http://kikanchiiki.net/contents/?p=1003


後者については、今年度から、岐阜県が、石徹白の農業用水を使った
数十kWの発電所の基礎調査・基本設計をはじめました。
順調にいけば、2~3年後には、C)のタイプの発電所が建設される見込みです。

そんなわけで、石徹白のマイクロ水力発電事業は、まだまだ道半ばです。
引き続き、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2011/07/01

NHK首都圏スペシャルにて取り上げられます

昨今、小水力発電が注目されているようです。
先日、石徹白の上掛け水車のお披露目式を開催したのですが、
NHKに取材していただきました。

本日、7月1日午後8時~ 首都圏スペシャル の中で、
放送される予定です。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/special/
http://www.nhk.or.jp/shutoken/wm/special20110701.asx


石徹白でこれまで導入された小水力発電は、
小さいのも含めると、全部で7機。
すでに撤去されたものもあるのですが、
現在設置されているものは、

・らせん型水車2号機 ⇒ NPOの事務所にて使用 (最大800W)
・らせん型水車3号機 ⇒ この夏、農産物加工所へ接続 (最大500W)
・上掛け型水車   ⇒ この夏、農産物加工所へ接続 (最大2.2kW)
・ピコ水力発電   ⇒ 外灯に利用 (5~10W)
http://fearth.org/pikoweb/index.html

という状況です。

いずれも小規模なものばかりです。
いずれも開放型の水車で、発電している様子がわかりやすいものを
導入しています。

現在の脱原発・自然エネルギーのような流れを担うためには、
ちゃんと発電事業として成立するような規模(100kW以上)が
必要であると思っています。
一方で、水が身近にあれば、身近で発電して、家や公共施設で
まかなうということができるのは、理想的だと思います。

小水力発電は、日本の国土にとってふさわしい発電です。
National Geographicの記事


とはいえ、なかなか普及していかないという課題も、
いろいろとあります。

今後の自然エネルギーの普及のための一助となるべく、
引き続き努力してまいりたいと思います。
2009/06/16

SAVE THE FUTURE が再放送されます。

昨年末に放送された、NHKの番組が、再放送されるそうです。

==================================================

SAVE THE FUTURE 「想いをつなぐ融資~apbankが支える環境市民活動~」

放送  6月20日(土) 総合テレビ 午前1時40分~2時40分
         ※19日(金)の深夜になります

==================================================

3月にも一度再放送されていましたので、二回目の再放送ですね。
前回見逃してしまったという方、ぜひご覧いただければと思います。

また、20、21日には15時間にわたり生放送で
「SAVE THE FUTURE」が放送されるとのことです。
こちらは、石徹白が取り上げられるというわけではありませんが、
環境市民活動がメインテーマですので、関心ある方は
ご覧いただければと思います。

2009/01/16

JST「小水力を核とした脱温暖化の地域社会形成」公開セミナーのご案内

2009年1月16日

特定非営利活動法人 地域再生機構
理事長 駒宮博男

JST「小水力を核とした脱温暖化の地域社会形成」公開セミナー
「環境先進国における小水力発電の現状」開催のご案内


 特定非営利活動法人地域再生機構では、JST「小水力を核とした脱温暖化の地域社会形成」研
究プロジェクトとして、環境負荷の少ないクリーンな発電方法である小水力発電に関して
以下の通りセミナーを開催します。
 小水力発電は、太陽光発電や風力発電とともに自然エネルギーとして脚光を浴びております。
また、24時間、365日稼働する発電方法として、他の自然エネルギーに比べても大変有効なものと
確信しております。
 今回は、環境先進諸国での小水力発電視察の報告と、環境に対する取り組みが
非常にさかんであるドイツから講師をお招きして、以下の通りセミナーを開催いたします。
 つきましては、ぜひご参集いただきたくご案内申し上げます。ご多忙のことと存じますが、
どうぞご参加くださいますようお願いいたします。

<記>
■日時:2月3日(火)13:00受付開始 13:30開始
■会場:じゅうろくプラザ 2階 研修室6
     岐阜市橋本町1丁目10番地11 TEL.058-262-0150
     地図 http://plaza-gifu.jp/access/access.html(岐阜駅からすぐ)
■入場料:無料(定員30名)
■内容(講演)
  「ドイツにおける自然エネルギーの取り組み~マイクロ水力発電の現状~」
   リーハート社 営業部長 マチアス氏(※通訳有)
  「ドイツ小水力発電調査報告」 茨城大学 小林久氏
■主催:特定非営利活動法人 地域再生機構
■協力:株式会社イズミ

■お申し込み・お問い合わせ先:
  特定非営利活動法人 地域再生機構(担当;平野)
  Tel/Fax: 058-295-1221 E-mail: gifu.water@gmail.com           

以上
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。