2009/05/06

螺旋水車の取り外し+新規設置について

現在、石徹白に設置してある螺旋水車ですが、
より効率のよいものにするため、研究を進めてきました。

水路の水量、落差、水車と発電機の相性など、
効率には様々な要素が絡み合っています。

これらの要素を分析した結果、水路の水量を鑑みると
今設置してある水車の直径を拡大した方が
発電量が多くなるという結論に至りました。

そこで、5月半ばに、今ある螺旋水車を取り外し、
水路の拡大工事と、新たな螺旋水車の設置を行います。

従って、5月半ばより螺旋水車の見学をしていただくことが
できませんのでご了承ください。

新たな螺旋水車の設置が完了しましたら、
またブログでご報告いたします。

スポンサーサイト
2008/05/30

パンフレット「マイクロ水力発電のすすめ」訂正箇所があります

みなさんにご好評をいただいております「マイクロ水力発電のすすめ」(イラスト入りパンフレット)で
訂正箇所がございます。誤った内容にて大変失礼いたしました。

お手元にお持ちの方は、お手数ですが、ご修正をお願いいたします。

<ページ8>
2地域内電力消費量調査

■集落内の年間の消費総電力量と電気料金

誤:500kWh/月×12か月=600,000kWh/年

正:500kWh/月×100世帯×12か月=600,000kWh/年


また、もう一点、わかりにくい点がございます。

<ページ12>(右下)

水路5
予想発電量
上排水口・・・1
下排水口・・・0.5

となっていますが、この予想発電量は、排水口の水量から
計算したものではなく、設置した発電機の発電能力(最大発電量)と
なっています。


紛らわしい表現にて大変失礼いたしました。
2008/05/26

シンポジウム終了しました。ありがとうございました!

5月24,25日、岐阜小水力発電シンポジウムin 石徹白が無事終了しました。
総勢200名近くの方に石徹白にお越しいただくことができ、とても活発な
意見交換などもされ、実りあるシンポジウムになったのではないかと思います。

遠いところでは、東京、大阪など県外からも多くの方がいらしてくださいました。

参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。
また、今回のシンポジウムを開催するに当たって、ご協力してくださった多くの方々に
心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

なお、以下のような予定で行いました。

◆1日目
13:00~18:00 メインシンポジウム@郡上市立石徹白小学校体育館

0、開会の挨拶、来賓挨拶
全国小水力利用推進協議会 事務局長 中島 大氏
岐阜県中濃振興局中濃事務所 所長 野口 昌良氏(来賓)
郡上市白鳥地域振興局事務所 所長 日置 久夫氏(来賓)

1、話題提供『なぜいま小水力か?』
特定非営利活動法人 ぎふNPOセンター 理事長代行 駒宮 博男氏

2、 小水力発電に関連する国の政策
経済産業省 中部経済産業局 資源エネルギー環境部 木村 英樹氏
農林水産省 東海農政局 整備部 榊原 千里氏
国土交通省 中部地方整備局 建政部 竹内 重貴氏

3、全国の小水力発電の動向
全国小水力利用推進協議会 事務局長 中島 大氏

4、富山県小水力利用推進協議会の活動
富山国際大学 地域学部 教授 上坂 博亨氏

5、パネルディスカッション テーマ:『地域再生と小水力利用』
パネリスト
  名古屋大学大学院 環境学研究科 高野 雅夫氏
  特定非営利活動法人やすらぎの里いとしろ 理事長 石徹白 勉氏
  全国小水力利用推進協議会 事務局長 中島 大氏
コーディネーター
  特定非営利活動法人ぎふNPOセンター 理事長代行 駒宮 博男氏

<メインシンポジウムの様子>

sympo1.jpg
パネルディスカッションのパネリストの方々

sympo2.jpg
200名近くの方が参加されました

20:30~22:00 分科会①地域再生と若者の参加
   分科会②歴史と水の文化を活かす
   分科会③石徹白の水資源利用について
          マイクロ水力と地球温暖化から世界の環境会議まで
 ※分科会③は2050年担い手塾生限定

◆2日目
9:00~10:00  白山中居神社参拝
10:00~12:00 発電システム設置現場の見学
13:00~15:00 石徹白散策
           コース1、浄安杉
                 案内人:鴛谷幸二さん、石徹白隼人さん
           コース2石徹白地区上在所+民芸館
                 案内人:石徹白勉さん、石徹白小枝子さん
           コース3、長走りの滝+2号用水取水口
                 案内人:上村敏治さん、吉田能啓さん

※2日目の写真は随時アップしていきますのでもう少々お待ち下さい。

○共同主催
全国小水力利用推進協議会
特定非営利活動法人ぎふNPOセンター
特定非営利活動法人やすらぎの里いとしろ

○後援
中部地方整備局、東海農政局、中部経済産業局、岐阜県、郡上市


小水力発電に関する話だけではなく、石徹白の魅力を味わっていただきたいと、
散策や地域の方との交流の場も取り入れ、様々な角度から楽しんでいただけたのでは
ないでしょうか。これからも、このような機会を設け、より多くの方に小水力の重要性、
それとともに、石徹白の素晴らしさを味わっていただければと思います。

2008/04/28

報告書・パンフレット希望者の方へ

2007年10月より2008年3月まで実施しました
石徹白マイクロ水力発電調査実験事業をまとめた
報告書とパンフレット(概要版)をご希望の方に
お送りします。

冊子製作協力料として以下の通りご負担いただきますが
ご了承ください。

報告書(ご協力料:1,000円)
当事業についての詳細が記載されています。
事業の経過から実際に設置に必要となった資材や発電システムにいたるまで
細かくご覧いただけます。

パンフレット(ご協力料:500円)
当事業の概要をイラスト入りで分かりやすくご覧いただけます。
マイクロ水力発電とは何か、ということからお伝えする
初心者向けの冊子です。

郵送にてお送りする場合、送料+郵便局への振込み手数料を
別途ご負担いただきます。

お問い合わせは
ぎふNPOセンター マイクロ水力発電調査実験事業担当
gifu.warter@gmail.comまで!
2008/04/28

発電設置場所見学について

石徹白での発電設置現場の見学希望者に向けて、
見学・視察受け入れをいたします。

希望者の方は以下の要領にてお申し込みください。
こちらから、改めてご連絡申し上げます。

見学料金
お一人:1,000円(事業説明パンフレット代込み)
※詳細の報告書に関しましては、希望者のみ別途1,000円にて
ご購入いただけます。

*********************
お申し込みフォーム
*********************
名前:
住所:
所属:
電話番号:
E-mail:
見学人数:
見学希望日/時間:
第1希望 
第2希望
第3希望

*****送付先*****
FAXの方→058-275-9738
E-mailの方→gifu.water@gmail.com
担当:ぎふNPOセンター 水野
※タイトルに「マイクロ水力見学希望」と記してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。